あなたが「集客を上げたい」と相談した場合、

「ではリスティング広告をやりましょう」とか、

「SEO対策をしましょう」

と簡単にいうコンサルタントやホームページ業者がなんと多いことか。

上記ならまだしも、「ホームページを変えましょう」と的外れなアドバイスをする方もいます。ひどい話です。



このような相談でも、前提条件や目標により、アドバイス、対策の内容は全然変わってきます。



たとえば「目標がどのくらいか?」は重要な項目です。

目標が高くなければ、集客は顕在需要中心で、少しやればいいです。



しかし目標が高ければ、集客は潜在需要に対しても行う必要もあるので、まず商品やサービスの粗利を高めることもしないといけません(もしくは、バックエンドの商品の用意)。



ここで、粗利をあげないと、大赤字になってしまう可能性もあります。



また「営業力がどうなのか?】も同じく重要です(最初に問い合わせをもらってその後の対応で成約させるビジネス。リフォーム、結婚式場、中古車販売など2ステップと呼ばれるビジネスの場合)



営業力が強ければ、ただ集客すれば、一定の成約率は見込めます。



でも営業力がなければ、営業力をあげることもしなければいけないです。もしくは、集客を絞り込んでより質の高い見込み客を誘導させる必要があります。



この2つだけでも、対応が全然違うのはわかると思います。

でも、必要な項目はまだまだあるわけです。



同じような業種で、同じような相談でも、アドバイスは同じにはならない場合がほとんどなのです。



最近の相談で、上記にような対応をされて苦労されている方が多かったので、参考までに書いてみました。